« 大泉緑地集結!! | トップページ | デジカメ新調しました!! »

2006年8月10日

リッキーの事故から一年

昨日、ブックマークさせて頂いているキチさんのブログに「13年後のシロ」のお話がのっていて、みなさん号泣したそうです。私もその一人ですが・・・。いつかはやってくる、愛犬との別れ。今は考えられないし、考えたくもない。その時自分がどうなるか想像もつかないけど、予測出来ないほど、こわいものはない。今までにないくらい取り乱してしまいそうな気がする。

以前ブログに書きましたが、リッキーがまだ4ヵ月の頃に、私の父の不注意で持っていたリードを離してしまい、リッキーは走っている車に突進して行きました。まだ子犬だったリッキーは、車の下にスルッと入ってしまい・・・今でもはっきりその光景が脳裏に焼きついてます。その後、鳴き声が聞こえて、車の下からリッキーが出てきて足を引きずっていました。慌ててかけより、「リッキー!!」と声をかけると、リッキーはおびえていて私の手を噛みました。血が出てきて私はリッキーの口から血が出ていると思って口の中を見ました。自分の血だとわからないくらいに何も感じなかったんです。とにかく気が動転していて・・・。リッキーが車に入っていった時、愛犬の死を覚悟しました。それが奇跡的に、左後足の骨折だけだったんです。ホッとして力が抜けて、フラフラになりながら震える指で病院に電話をしました。病院に着いてもすぐに見てもらえるわけではなく、骨折のみなので先に並んでる方が終わってからになりました。その間先生や看護士さんが声をかけてくださいましたが、私はリッキーから少しも離れることが出来ず、床にいったん寝かされているリッキーのそばで這いつくばっていました。「ごめんね、もう少しだからね、頑張ってね」と言いながら・・・多分一時間くらいそうしてたと思います。車を運転していた人がすごくいい方で、私たちを病院まで運んでくれて、その後お見舞いにまで来てくださいました。そしてそれから何日か、ギプスをしている痛々しいリッキーを見て私はほとんど泣きっぱなしでした。不注意を悔やんだり、リッキーに申し訳ない気持ちでいっぱいで・・・何度も「ごめんね」と謝りました。その度にリッキーは私の顔をペロペロしてくれましたが、その時に、リッキーは私といて本当に幸せなんだろうか?生まれてきて、この家に来て本当に良かったのか?と強く思いました。リッキーは3ヵ月後にすっかり完治しましたが、私は今でも時々事故の時の映像が頭の中をよぎって、うわーっ(>_<)てなってしまいます。

_010_2 D1000300_5

☆☆☆リッキー、そしてとまとも、いつまでも元気で私のそばにいてね。「ママの子供でよかったよ」っていつか言ってもらえるように、頑張るからね☆☆☆

|

« 大泉緑地集結!! | トップページ | デジカメ新調しました!! »

「リッキーのこと」カテゴリの記事

コメント

「13年後のシロ」・・私も見て泣いちゃいました☆
最近涙腺弱いです・・私(T_T)
そして、リッキー君の事故の事も拝見し、また号泣してしまいました★
目の前で我が子が・・って思っただけで、真っ白になっちゃいそうです。
今の元気なリッキーくんを見ていたら、そんな過去があったとは想像もつきません。
本当に、後遺症もなくて良かったです!
リッキーくんも、そしてとまとちゃんも、ママの傍にいられるだけで幸せだと思います。
こんなにも、愛情をたっぷり受けて大きくなったんですもんね!
↑写真の笑顔を見てると伝わってきます♪
リッキーくんも、「もう、“ごめんね”はいいよ。」って言ってるんじゃないですか?

投稿: まさこ | 2006年8月11日 00時20分

一年前にそんな出来事があったんですね。。。
そのときのリキとまのママの心境は、想像以上に辛いものだったでしょう。
それにしてもリッキー君は強運の持ち主ですね!

俺も子供の頃、車にはねられたことがあるんですけど、
それこそ、もう少しで死ぬところだったんです。
今思えば、何かに守られてたのかなぁって。。。

窮地を乗り切ったからこそ、長生きできそうな気がしてますよ!
ティアラも窮地を乗り切ったから、これからは安泰っす!
キチさんのブログ、拝見させていただきますね!

投稿: アステカ | 2006年8月11日 01時26分

私もキチさんのブログで知って、見たら・・・
涙で前が見えなくなりました。
物語でこんなに悲しくなるのに、その時がきたら
どれだけツライのか想像しただけで、ぞっとします。
なのにリキとまママさんは1年前にそんな怖い経験を
してたのを知りませんでした。
どれだけ辛かっただろう・・・って心が痛みます。
リッキー君完治してよかったですね!!
きっとリッキー君は幸せ者だと思いますよ。
この間見た番組で、「寿命よりもどれだけ愛情を込めてあげたかって事で幸せ、不幸せは決まります。」って言ってました。
私もその人に洗脳された訳ではありませんが、
ちょっといい考え方だなって思いました。
・・・うわ!!駄文なのに長くなってしまいました;
それと明日たぶん行けそうですよ!!
お会い出来たら、また遊んでくださーい!!

投稿: アサ | 2006年8月11日 11時49分

あの物語・・・物語なんだけど、いつかはみんな経験をしてしまうことなんですよね。
だから余計に辛いし涙も出るんでしょうね。

リキとまのママさんは、辛い経験をされたんですね。
骨折だけで本当に本当に良かったですが
心には深い傷が残ったことだろうと思います。

いま、目の前に居る愛するわが子を必死で守っていくことで
ワンコたちが幸せを感じてくれたらなぁ~なんて思います。

投稿: キチさん。 | 2006年8月11日 14時33分

元気に走ってるリッキー君を見ていて小さい時、そんな事があったなんて想像もつきません。
後遺症もなくてよかったですね~
「愛犬との別れ」なんて考えたくないからこそ
日々自分に「いつかは来るんだよ~覚悟しとかな、あかんよぉ~」って言い聞かせているような私です。

ここ2~3日、泣きっぱなしの涙腺ユルユルの私ですが
「今を大切に生きよう!!」ってニナパニといっしょに・・・
年齢的にもワンだけに限らず今を大切に!と思っています。

リキとまママさん、ほんとに心のやさしい方なんだなと言うのが
ヒシヒシと伝わってきます。
リッキー、とまとちゃん、今既におもってるよ♪
「ママの子供でよかった~♪これからもよろしくね!」ってさ(^o^)

投稿: ニナパニかあさん | 2006年8月11日 17時35分

愛犬との出会い・・・・不思議

誰に進められた訳でもなく
何かのきっかけで家族となる愛犬

犬を飼わない人の話でよく聞くのが「犬は好きだけど死んだ時が嫌だから」・・・それはわかる

でもその魅力に取り付かれ別れの時の事など忘れて(思いもしない)家族になる

待っているのは楽しい事ばかりではない
心配な時、腹の立つ時、一緒に泣きたくなる時

でも一緒にいればとてつもない想いでと喜びを与えてくれる
そして愛犬に与えてあげれる

いつまでも一緒に笑顔で・・・・悔いのない1日1日を

リッキー君もとまとちゃんもママさん家族と一緒に笑顔と後悔のない日々を送るでしょう^^

おやじのつぶやきでした^^ゴメン^^

投稿: おやじ | 2006年8月11日 19時18分

まさこさんへ★
まさこさんにそう言ってもらえるとすごく安心しました。
本当に、リッキーが「もう"ごめんね"はいいよ」って言ってくれてる気がしました(>_<)でも私はまだまだだなぁって思います。この子たちはまだ満足いくとこまではいってないかなぁ?と思ったり・・・。愛犬が毎日元気に楽しく暮らしてゆくために、出来ることは何だろうっていつも考えます。お手入れをうまくしてあげていつも気持ち良くいさせてあげたいとか、マッサージとかもやってあげて気持ちいいって思わせてあげたいとか。テディちゃんはいつもまさこさんにお手入れしてもらって気持ちいいって思っているでしょうね(〃∇〃)♪お互いに一日一日を大切に過ごしていきましょう☆

投稿: リキとまのママ | 2006年8月11日 22時06分

リッキーくんの事故のお話をまたここで読んで、涙ぐんでしまいました。
「13年後のシロ」というお話、今度キチさんのブログで拝見させてもらおうと思います。みなさん泣かれてるようなので、私はかなり覚悟して読まないといけないようですので。。。

私は18年程前に出会った犬を半年ほどで亡くし、未だにその子のことを思うと泣いてしまいます。自分を責めることしかできません。でも、今一緒に暮らすこなつや半蔵を精一杯愛して
誰にでも愛される犬にすることが、せめてものその子に対する償いであり、責任だと思ってます。

リキとまのママさんの気持ちはリッキーくんには十分に伝わってると思いますよ。

話は変わりますが、明日の深北教室に参加しようと思います。
明日お会いできるのを楽しみにしてます。
宜しくお願いします。

投稿: こなつ母 | 2006年8月11日 23時59分

アステカさんへ★
あの事故の時、多分数秒だと思いますが、一瞬で色々なことを考えました。変わり果てた姿を想像までしました(;_;)普通なら死んでもおかしくなかった状況で、本当に奇跡的でした。アステカさんの言うように、リッキーは強運の持ち主かもしれません(>_<)
子供の頃に大変なことがあったんですね。。おっしゃる通り、きっと窮地を乗り越えたら長生きするということなんですよね!!ティアラちゃんもすごく頑張ったんだと思いますが、アステカさんの愛情と努力の賜物だと思います☆☆☆

投稿: リキとまのママ | 2006年8月12日 03時10分

アサさんへ★
愛する家族と出会ってしまった以上、もう後には引き返せないという気がしています。出会わなければ、いつか来る悲しみにおびえなくても良かったのかも知れないけど、それでも愛犬のいる生活はとても素晴らしいですよね!!何物にも代え難い幸せですね。犬を飼うと喜びと悲しみが同時に訪れるものだなとつくづく思いますが、悲しみを打ち消すくらい喜びをいっぱいにしていきたいです(*^▽^*)
明日、モモちゃん来てくれるんですね♪私は9時半から行ってますね!!ってお返事遅くなってしまって意味ないかも?スミマセンm(__)m

投稿: リキとまのママ | 2006年8月12日 03時44分

キチさんへ★
キチさんは以前飼われてた柴犬が事故で亡くなったんですよね。ブログで見て涙ぐんでしまいました。私は初めてのワンコなので、その悲しみは想像しか出来ませんが、いつか来る悲しみに怯えてしまわずに、毎日を大切に過ごしていこうと思います。頭の片隅には置きつつ、楽しい思い出をたくさん作っていけるように精一杯頑張りたいです。リリィちゃんもとても幸せを感じているでしょうね!!写真の表情からすごく感じます(*^▽^*)

投稿: リキとまのママ | 2006年8月12日 04時08分

二ナパニかあさんへ★
かあさんの言葉で私はまた涙ぐんでしまいました(ノ_<。)うっうっうっ
本当にリッキーとまとがそう言ってくれているような気がして・・・。あの子たちが過ごしやすくしてあげたいといつも考えます。何でも言うことを聞いてあげるんじゃなく、いいこととダメなことのメリハリをつけていきたいと思います。私はほんとにまだまだなので、これからも色々教えてくださいm(。-_-。)m
二ナパニちゃんも、「とうさんかあさん二人の子供で良かったよ」って言ってますよきっと。こないだ会った時に、すごくにじみ出てました(*^▽^*)

投稿: リキとまのママ | 2006年8月12日 07時06分

おやじさんへ★
本当に、愛犬との出会いは不思議ですね。最初に飼い始めた時は訳もわからず世話をしているという感じでしたが、だんだんと意識が変わり、ペット→家族に、世話→ともに生活になっていきました。愛犬と暮らすことは、恋愛に似てると思いました。もちろん愛犬を愛してるんですが、出会うことで、喜びと悲しみが同時に訪れる。かといって悲しみを恐れて避けていたら生活が殺風景なものになっていたかもしれない。逆に愛犬のいる生活は、恋愛中のように生活に彩を与えてくれて、何でもないことまで幸せに感じるようになる。ただいつかは終わりが来てしまうけれど・・・。でも人間も犬も人生一度きりだから、思いっきり楽しい方がいいに決まってますよね(*^▽^*)
今日もこれから深北で訓練しに行きます。朝の9時半から二時間くらいでその後みんなでドッグランに入ります。天気が微妙なのでそんなに長居はしないですが、日曜日やお盆休みに行かれる時は教えてくださいね!近くなので駆けつけます☆あと神戸チームに会いに行きましょうね!!

投稿: リキとまのママ | 2006年8月12日 07時27分

こなつ母さんへ★
かなり覚悟して読んでも、きっと泣いてしまうと思います~( p_q) シクシク
半年でワンコを亡くされたんですね・・・まだこれからっていう時なだけに、きっととてもつらい思いをされたんですね。私もあの時リッキーを失ってたら・・・考えただけですごくこわくなります。今の幸せはなかったんだろうなと。大きくなれないままなんて悲し過ぎます。でもたとえ半年でも、愛情を精一杯注がれたと思うので、その子はきっと幸せだったと思います。アサさんも↑で「寿命よりもどれだけ愛情を込めてあげたかで幸せ、不幸せが決まります」って言われてるので、今は虹の橋でノーリードで元気に走っているでしょうね。こなつ母さんとこなつちゃん、半蔵くんといつか会えるのを待っていると思います。ブックマークしている「虹の橋」も私は泣きました(ノ_∇_<、)Yひえー

投稿: リキとまのママ | 2006年8月12日 07時48分

こなつ母さんへ★
すみません、途中で切れてしまいました・・・。
深北に来られるんですね!!一緒に訓練できますねヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ってお返事が遅くなって意味ないかもですが・・・。
こなつちゃんととまとのダブルワンワンが深北に響き渡るかも!?Y(>_<、)Yひえー

投稿: リキとまのママ | 2006年8月12日 07時54分

リッキー君がそんな経験をしていたなんてビックリしました。
骨折だけですんでよかったですね。
完治するまでとリハビリの間ママさんさぞかしつらかった事と思います。
でもリッキー君の笑顔に逆に励まされたりって言う事もあったのでは・・・

この家に来て本当に良かったのか?と強く思いました
↑の言葉は私も思う事があります。
病気になったり、誤飲させちゃたりと本当に幸せなのかな?って・・・

リッキー君はママさんのそんな気持ちをちゃんと解ってくれてると思いますよ^^
人の事なら書けるんだけど自分の事になるとまだまだ自身がないわ・・・
なんだか変な文になってごめんなさいm(_ _)m

投稿: RUNAまま | 2006年8月13日 01時17分

おひさしぶりです。
うちのコユにも同じ思いをさせたことがあるので
身に染みます。事故の直後は「死んでしまう」
とホントに思いました。
 13年後の...も読みました。出来るだけのことをしてあげよう。それだけしかないですね。

投稿: コユパパ | 2006年8月13日 08時42分

RUNAままさんへ★
言われて思いました。自分を責めて落ち込んでいた私は、リッキーの笑顔に救われていたんだなぁと(/_<;)夏場だっただけに、怪我をした後も大変でした。その箇所だけ毛を刈っていたんですが、ギブスをしている所がかゆくなって、必死にかいてました。少しめくって足を見ると皮膚炎を起こしていてジュクジュクになってて…これはかゆいはずだと。でも外す訳にもいかなくて、リッキーも私もどうしようも出来ずにつらかったです。
人間もワンコも一度きりの人生(犬生ワンせい!?)だし、その中で出会ってしまったんだから、これでよかったのか?って振り返らずに、「幸せを共に目指して駆けて行こう」ですよね(*^▽^*)by犬川柳
RUNAちゃんもきっと「ままいつも心配かけてごめんね、ありがとう」って言ってる気がします☆

投稿: リキとまのママ | 2006年8月13日 09時59分

コユパパさんへ★
お久しぶりです!小雪ちゃんもそんなことがあったなんて知りませんでした(ノ_<。)私もその時は「情けない飼い主でごめんね」って心の中でずっと愛犬に謝っていました。でもきっと私がずっと暗い顔をしてたらリッキーも悲しくなってしまう。そう思って泣くのをやめました。今またこうやって一緒にいられるだけでも本当に幸せですよね。コユパパさんの言うように、私も出来るだけのことをしていきたいと思います☆
コユちゃんのコーギーリードとカラー、うちのとまととお揃いです!リッキーは黄色です。写真の表情を見てると、コユちゃんはパパさんが大好きなんだろうなぁってすごーく感じますO(≧∇≦)O

投稿: リキとまのママ | 2006年8月13日 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大泉緑地集結!! | トップページ | デジカメ新調しました!! »