« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007年1月31日

「ねぇマリモ」

うなぎママさんのブログでUPされていた10分程のショートムービー「ねぇマリモ」ご存知の方も多いと思いますが、私が初めて見たのはテレビで放映された「いぬのえいが」でした。見た時から涙が止まらなくて、次の日も仕事をしながら密かに泣いてました( p_q) シクシクマリモの言葉は、人間がいい様に話させていると思うかもしれませんが、私はきっと犬が言葉を話せたら本当にこう言っているんじゃないかなと思いました。だってワンコは賢くて、何でも分かってますもんね(〃∇〃)エヘ♪当然のことながら、うなぎママさんの所で見た私は、2回目にも拘らず泣きじゃくりました(ノ_<。)うっうっうっ

初めてご覧になる方は、本当にハンカチかティッシュをご用意ください。私は今まで愛犬の死に直面したことはないですが、すごくリアルで、思わずリキとまを抱きしめたくなりました。リキとまは「何のこと?」という感じでキョトンとしてましたが、とてもいとおしくなって、一日でも長く一緒に暮らせますようにと祈りました。

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへみんないつまでも元気で!!のクリックお願いします☆

| | コメント (6)

2007年1月27日

厄払い&リキとま服

土曜日に、成○山に厄除け祈願をするべく、厄難消除御修行に参加してきました。節分までに行かないといけないと知人から聞いていたので、昨年の前厄の時も行って来たんですが、今年は本厄なので本格的に行って参りました。Dsc01476_1 Dsc01475

護摩修行は一日に5回~7回行われます。1回でもすごい内容なのに、何回も行うお坊さんはパワフルだなぁと思いました。謹賀新年の文字を見て、「そういえば初詣に行ってなかったなぁ」と思い出しました(汗)Dsc01477

この本堂の中で約40分くらいでしょうか、7~8人のお坊さんにお払いして頂きました。私達も含めて、50~60人くらいの人がいたと思います。お経の中で、「○○みつみ殿~」と名前を呼ばれました。最後にお払いしたお札を頂いて本堂を後にしました。久々に足が痺れました~(;・д・)∂ ぽりぽりDsc01478Dsc01481_2

お札は値段によって大きさが違います。一番大きいもので壱拾萬円以上とあります。スゴイ!!私のお札はご想像におまかせします(笑)

そして、久しぶりにネットでリキとまの服を購入しました。お友達ワンコが着ていたi Dogの服です。福袋を逃してしまって、セールを待っていたら25日から始まったのでその日の夜に張り切って注文しました。一週間くらいかかるかな~と思ってたら次の日に発送されて翌々日に届きました!!早すぎてビックリΣ( ̄◇ ̄;)Dsc01495 Dsc01496

セーターはかわいい色が残っててラッキーでした♪ワンピは安さにひかれて、タンクは色が気に入ったけど着せてみると短い!!短T状態です。まぁコーギーは胴長だから逆に強調されていいかな?私もここの服がお気に入りになりました。また買ってしまうかも(〃∇〃)エヘ♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ買い過ぎに注意!!のクリックお願いします☆

| | コメント (8)

2007年1月24日

とうとうやりました!!

リッキーのフセマテを1分からやり直してきて、今日やっと10分フセマテが出来ました。思い返してみると、訓練をやってきて初めてのことでした。1級の必須の3分の休止以降の休止は出来ないまま四段まで上がってきてしまったので、フセマテに関してはやっと二段合格レベルです(;・д・)∂ ぽりぽり 「リッキーにもフセマテが出来た!!」と一目も気にせず喜んでしまいました~(*^▽^*)解除する直前にまだまだ立ってしまいそうになりますが、「マテよ、マテ、マテ、マテ・・・オスワリッ!!」と言うまでリッキーは何とか座っています。落ち着きのないリッキーにとっては、かなり頑張っているんだろうなぁと思うと涙がちょちょ切れます(ノ_<。)うっうっうっ 次にテストを受けるまでに、号令やおやつを極力減らして、①号令前半5分あり後半5分なし→②号令なし10分→③前半5分正面向き後半5分後ろ向き・・・というように、失敗させないようにまた少しずつ頑張ります。

訓練試験の合格基準として、「1科目の失敗までは進級 但し必須科目は合格しなければ進級できないものとする」とありますが、フセマテが苦手なリッキーは他の科目を頑張って合格してきました。私も合格したい為に、フセマテをあきらめて他の得意な科目に集中してしまって今思えばそれが駄目だったなぁと。今みたいに真剣に取り組んでこなかったので、四段で苦労するだろうとは思っていましたが実際はとてもつらいです。結局、フセマテを2級まで戻ってやり直している状態なので、先生にチラッとお話したんですがもっと早い段階で止まっていれば、怠け心が出ずに早くに修正出来たのかなと思いました。まああまり試験内容を難しくし過ぎても良くないのかもしれないですが、最後にフセマテが待っているのであれば、毎回必須まではしなくても交互に必須になっていればよかったな・・・と。もともとフセマテが得意なワンコもいるだろうしそうでないワンコもいる。そして飼い主も、私みたいな怠け者はそうそうおられないでしょうが、それでも四段まで行けてしまったので、今までのツケが一気にきた感じです。それに驕らずに自分は自分で頑張っていけていれば良かったんですよねきっと(´・ω・`)ショボーン とにかく、今までの遅れを取り戻すべく、焦らずやっていきます。Dsc01317

↑アル母さんのリクエスト(笑)

フセマテはいややけどやったるワン。キーッ!!byリッキー

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへリッキーフセマテ頑張れ!!のクリックお願いします☆

| | コメント (8)

2007年1月20日

夜のお散歩の必需品

この間アクビちゃんに「光るワン」という小型ライトを頂きました。早速夜のお散歩でリキとまにつけてみました~(*^▽^*)

暗すぎてリキとまが見えません(汗)でもこのライトはものすごく明るくて目立ちます!!赤と青と白のライトが交互にチカチカしてとてもキレイです(〃∇〃)エヘ♪結構通りすがりの人にも「あれ見て!!」と言われたりしました。賑やかなのでなんとなく夜のお散歩も寂しくないです。頂くまではあまりライトに興味がなかったんですが、何でもっと早くつけなかったのかと思うほどいいものです。

さっきは暗かったので、少し明るい所で撮ってみました。このチカチカはなかなかクセになりそうです(笑)アクビちゃんどうもありがとう~!!byリッキー&とまと

そしてmikkyさんにもお年玉を頂きました。ありがとうね~!!Dsc01472

ブルーベリーのとってもいい香りがして、こんがり焼き目もついてて私が食べそうなくらいおいしそうです(汗)リキとまにご褒美として一つずつあげているので、たまにもらう時はものすごく嬉しそうです♪もっと私も色々おやつやGOODSを研究しないと・・・何かいいものがあればまたブログにUPします♪

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへいつも見て頂いてありがとうございます☆

| | コメント (6)

2007年1月16日

今年初の訓練&怪我

土曜日は今年初の訓練でした。参加コーギーはリッキーとももたろうくんとりきくんとRUNAちゃん、モモちゃん、クララちゃん、見学とまと?でした。今思えばコーギー率高かったのね~(*^▽^*)そして、BLACKくんも応援に来てくれました~☆前半の練習の時にBLACKくんも参加していて、後半でも練習のお手伝いをしていました。まるねえさんに褒められてすごく嬉しそうなBLACKくんがすごくかわいく見えました(〃∇〃)エヘ♪リッキーはというと、脚側歩行や遠隔などは出来ているので、とにかくフセマテの練習をしていました。1分ずつ失敗しないように時間を延ばしていき、今の所3分間出来るようになりました~(ノ_<。)うっうっうっ 1級合格レベルですが、マテの苦手なリッキーにはすごいことなんだと思えるようになり、心から褒めてやりました。先生が、「号令を最初のマテのみで、1分やってみましょう」と言われたので、やってみましたが何度か立ちました(汗)何度かやっていると、一度立っただけで何とか出来ました。こうやって少しずつ出来るようになっていくのかなぁとしみじみ・・・最後に、ももたろうくんともう1頭のワンちゃんと3頭でフセマテ。この時は3分で解除しましたが、5分完走出来そうな雰囲気でした。すごくリッキーが落ち着いて見えたので、少しだけ安心して見ていられました。前半の全頭でフセマテ5分も何とか出来たのでリッキーにしたらすごい進歩でしたO(≧∇≦)O

リンクさせて頂いている垂れ耳クースくんが、お友達のムクくんたちと稲荷山ペットパークに行って来たそうなので、私も一度行ってみたくなり、お昼からももたろうくんとモモちゃんと一緒に行ってきました。自宅から30分もかからないかもしれない所にあるのに、今まで行ったことがなかったです。お天気が良かったので、何箇所かドッグランがある中でも高台にある芝生広場は最高でした!!まるで、セレブになったような気分が味わえます(笑)こんな庭があったらいいのに~と思わされるほど。ここには私達だけだったので貸切状態でした。日光浴も出来て、森林浴も出来て一石二鳥なドッグランです。神社もあったので、今度はお参りしたいなと思います☆森の中のドッグランに移動すると、ハスキーのゆきちゃんに出会いました。ももたろうくんはゆきちゃんが気に入ったのかピッタリくっついて離れなくなり、モモちゃんはゆきちゃんを遊びに誘っていました。モモちゃんは山の斜面やがけもおかまいなしに、ドッグランを余すことなく走り回っていました。リッキーはどこでもフリスビー&ボール遊びに夢中でした。Dsc01420

ついて来れるものならついて来て!!とでも言ってそうなモモちゃん。Dsc01428 Dsc01435

㊧ハスキーのゆきちゃん。㊨瞳孔が開きっぱなしのももたろうくん。Dsc01436 Dsc01440

㊧ピンクの洋服が可愛いモモちゃん。㊨この後悲劇が起こるとまと。Dsc01421

「ママ早くフリスビー投げて~!!」リッキーはどこに行ってもそればっかりやね~(汗)

この後、2頭のコーギーちゃんが入ってきたんですが、なかなかリードを離さなかったので飼い主さんは様子を見ているようでした。私がその人と話していると、リードを離していたとまとが1頭と揉み合いになり、慌てて引き離すととまとの鼻が縦に切れていて、血が溢れてきました。後でよく見ると鼻の下も切れていたんですが、私はビックリしてしまい、とにかくティッシュで抑えました。何回か血だらけになりながらやっと止血しました。病院に行ってくださいとその方に言われたんですが、とまとはリードを離していたので、こちらが悪いなぁと思い、血は止まって落ち着いたので「大丈夫です」とその場は何とか治まりました。私のせいで、とまとに怪我をさせてしまった・・・とかなりテンションが下がってしまいました。また反省です~( p_q) シクシク 駄目な飼い主でごめんねとまと。Dsc01443 Dsc01441

久しぶりのお出かけでとっても楽しかったのか爆睡のりキとまでした!!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ飼い主しっかりしろよ!!のクリックお願いします☆

| | コメント (12)

2007年1月12日

とまと病院へ行く

昨年、とまとの避妊手術のことをブログに書きましたが、その後病院に行って先生に相談してきました。私は手術することを前提に色々話していきましたが、先生の答えは予想を反するものでした。私は、とまとは出産経験があって、今後は子供を産ませる気もないので少しでも病気の確率を減らしたいことや、家にリッキーがいるのでその兼ね合いもあって手術したいことなど伝えました。すると先生は、手術をしなくても病気にならずに長生きする子はいますと言われて、リッキーのことは、オスがいてもお互い発情期にストレスになることはないですと言われたり。私の思惑が外れて、「あれ?」という感じでした。先生からは、全身麻酔の怖さの話をされました。手術をした後に、健康な状態で帰すことを前提にしているので、もしも手術中に麻酔が原因などで危険な状態になった場合は、無理に続行せずにそこで中断しますとのこと。その病院が今までに麻酔で事故があったわけじゃないけれど、こればっかりはやってみないとわからないので、事前の検査をして大丈夫だったといっても確実ではないそうです。でもこのT病院は、近所のコーギーちゃんがみんなここで手術していて、先生も相談を聞くだけではなくてアドバイスもして下さるので、何かいい方法が見つかると思って行きましたが、逆にもう一度考えさせられることになりました。T先生もおっしゃってましたが、病院の先生に因って本当に考えは色々なんだそうです。「手術をしてほしいと言われるんでしたらやりますけど、本当に稀に術後に肝機能が低下したりした子もいます」とのことです。先生はきっと何百分の1の話をされているかもしれませんが、本当に慎重に決断しないといけないと思いました。

手術の日取りを決める前に、念の為に血液検査をしてもらったんですが、あの強気なとまとが診察台の上に上がると一変して、足が小刻みに震えていました。すごく怖かったんだろうと思います。そんなとまとを見ているとだんだん可哀想になってきました。早く終わらせたくて先生と助手の方と母と三人がかりでとまとを抑えて、前足から血液を採取しようと注射器を近づけると、今まで見たこともないくらいすごい力で暴れました。そして「キャンキャンキャンッ!!」と聞いたこともない声で鳴きました。母は、その様子を見てかなりテンションが下がってしまったらしく、「とまとの手術はしなくてもいいわ。とまとが可哀想やわ。」と言っていました。私もかなり動揺してたんですが、何とか平静を装っていました。でも正直、手術に対する気持ちが揺らいでいたのは確かです。先生は、「コーギーは、麻酔をする時にすごく神経を使うんです」と言われていました。気性が激しい性格なので、突然強い力で暴れたりしてスムーズに麻酔をかけるのが大変なんだそうです。検査の結果、腎臓の数値が少しだけ悪かったので驚きました。今まで気にせずあげていたパンやおからやジャーキー、ほねっこなど炭水化物(特に塩分の高いもの)は控えるようにと言われてしまいました~(ノ_<。)うっうっうっ 「無塩パン、食べたことありますか?}と言われて、私は「それは人用のパンですか?」と聞き返してしまいました(笑)小さなワンコの体には、少量でも大量になってしまうみたいです。とまとの体型を見て、「ボテッと横に広がっているので塩分太りというか気になる太り方をしているので・・・」と言われて、家族全員ショック&反省です。食べるものに気をつけて一ヵ月後に再検査することに。手術するかどうかはその結果を見てからということになりました。また経過をお知らせしていきます。Dsc01342

健康になるために、パンもヨーグルトもガマンするわ!!(泣)

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへとまとダイエット頑張れ!!のクリックお願いします☆

| | コメント (22)

2007年1月 6日

新年早々・・・

お正月も三が日を過ぎて、リキとまも私もダラダラし過ぎていたので気を引き締めるべく、少し遠くの公園に足を延ばしました。そこであんな事件が起きるとは・・・(´;д;`)

まずは2頭並んで写真を撮りたかったので、リードをフェンスに繋いでパチパチ☆しばらくすると、はるママさんとゆずもも母さんがやって来ました。リキとまはこの時リードを放していました。リッキーはグラウンドの方へ走って行き、とまとは仲良しのかんぺいちゃんたちとゆずもも母さんにおやつをもらっていたと思います。最近はとまとよりリッキーの言動に注意していたので、ついついリッキーの方を見ていました。その時!!「ワワワンッ!!」という声が聞こえてきて、そちらに目をやると、なんととまとがかんぺいちゃんに襲いかかっていました。リードがない状態なのでなかなか捕まえることが出来ず、あせった私はとまとの首に手を伸ばしました。本来は頭の後ろから掴まないといけないんですが、前から手を出した為とまとの歯が指にガツンと当たって、一瞬怯んだ私(泣)やっとゆずもも母さんが捕まえてくれて、とまとは「ヒャヒャヒャンッ!!」と悲鳴を上げて、何とかその場は収まりました。その後とまとはリードをつけて、放せなくなりました。ゆずもも母さんと話しながら私は反省しまくりでした。本当は、かんぺーちゃんに襲いかかる前に止めないといけないのに全然遅くて、しかも正直今まで私は、とまとが悲鳴を上げるまで叱ったことがありませんでした。ゆずもも母さん曰く、「まだこれでもとまとは効いてないかもしれない」とのこと。事態が起こった瞬間に叱るというのは、とても重要だと思いました。呆然としてしまったり、痛さで怯んでしまうので、情けないです~(ノ_<。)うっうっうっ 

次に起こってしまった時は、即座に叱らないと、リキとまにとって悪い経験を積ませてしまうことになり、絶対に良くないことなので、私ももっとしっかりして目を光らせないと!!と反省しきりです。ちなみに今日の散歩では、寄ってきてくれた黒ラブちゃんにとまとが吠えかかったので、咄嗟にとまとをリードで吊り上げました。静まってから下ろすと、それからは全然吠えなかったので褒めてやりました。例えていうなら、非行に走りかけてる子供を更生させる?みたいなとこでしょうか(そんなのん気なこと言ってる場合か?)。

悪い経験といえば、リッキーのフセマテも、何度も立たせてしまうのはよくないと言われました。出来ない経験を積ませるとどんどん悪くなってしまうと。今日の散歩で、リッキーにまずは1分のフセマテを成功させて帰ってきました。少しずつ時間を伸ばしていって確実に出来るようにしたいと思います。四段にしてフセマテ1分!?という感じですが、出来ないまま合格してきたのでもう一度やり直す必要があると思いました。あと、家では何分でも出来るのに、外では全然集中出来ていないので今は主に外で練習しています。

リキとまに悪い経験を積ませない・・・このことが今の私のプレッシャーであり、大きな課題です。何とかしていい方向に導いてやらないといけないので、気を抜かずに頑張ります☆Dsc01318_1

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへリキとまのしつけ頑張れ!!のクリックお願いします☆

| | コメント (20)

2007年1月 3日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年はたくさんの出会いがあり、楽しい思い出たちがどれも大切な宝物になりました☆その喜びをリキとまと分かち合いながら、今年も楽しく過ごしていきたいと思います。ブログを読んで頂いている皆さまとお友達ワンコたちが、いつも幸せいっぱいの笑顔に包まれますようにと願って止みません。Dsc00713_1

Dsc01143_1

 今年もリッキーとまと共々よろしくお願いします!!

にほんブログ村 犬ブログ コーギーへランキングに参加しています。クリックしてください☆

| | コメント (20)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »